ジンジャーエール好きにはたまりません。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

IMG_2363

ご存知、タネマキの奥にあるオアシスエリア。

 

ここには給茶器やお菓子があるのですが。

 

有料のドリンクもあることを皆さんはご存知でしょうか。

 

ヒントはこちら、はい拡大。

IMG_2364

ここですよ、ここ。

単なる台にしているわけじゃないんですよ?冷蔵庫です。冷蔵庫。

中に物を入れておくとその物が冷えるという優れものの機械です。

 

IMG_2365

開けてみると・・・

IMG_2366

そこには緑色のビンが!

(タイミングが悪かったのか、ちょっと少なめでした)

 

この緑色のビンの正体、皆さんご存知ですか?

 

IMG_2367

ウィルキンソンというジンジャーエールです。

 

ちなみに、フタが赤いやつが「甘いジンジャエール」、フタが紫色のやつが「甘くない(ピリッとくる)ジンジャーエール」です。

 

オーナーのうえつさんが「好きだ」というただそれだけの理由で入荷され続けています。

 

昔はカウンターの奥にある冷蔵庫に入れてあったのですが、

「うえつさんに頼まないとジンジャーエールが飲めないなんて不便だ」

「っていうか、うえつさんが作業中だと頼みにくい」

「使っていない冷蔵庫あるんだから、ここに出せばいいじゃん」

という流れを作りまして、現在は誰でもアクセスできる場所に移動してきています。

 

まぁ、俺が飲みたかっただけなんだけど。

 

ほぼセルフなんで、100円という激安価格での提供です。

 

缶ジュースより安いんですけど・・・

 

そんなセルフなジンジャーエール。

IMG_2368

もちろん自分で開けます。

IMG_2369

開けたフタはなぜか貯めてあります。

 

つまり、タネマキでは「甘口、辛口、どっちが支持されているのか」「どのくらい飲まれたんだ」ということが誰でも集計することができるのです!

 

・・・誰かやって結果だけ教えてください。

 

興味はありますが、今忙しいもんでw

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ