今年は夏でもチョコが食べられます。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

例年この季節になると中村商店の店頭からチョコレートが消えてしまいます。

それは気温と関係があるのです。

ほら、溶けちゃうじゃん。チョコって。

特に最近のチョコは軟弱者が多・・・環境に敏感なものが多いので、「28度以上のところに保管しないように」とか書いてあんのね。最新だと「26度以上のところに保管しないように」とか。

26度って、政府が推奨している冷房の温度ですやん。

微妙に「オフィスで保管したら溶ける・・・かもね!」っていわれてるじゃない。

そんな環境に敏感なチョコなのですが。

IMG_5839

今年は冷蔵庫の一部を中村商店として使わせていただくことになりました!

これはありがたい!

デッドスペースになっていた奥行きのない下の段に2つのカゴを設置、まずは小さなチョコのアソートとチョコパイを冷やしてみております!

ほら、良く「頭が疲れたら甘いものを取ると良い」とかいうでしょ?

夏でも王道を提供できるようになったわー。

そんな訳で中村商店は3階の常温エリア→1階の冷凍(アイス)エリア→2階の冷蔵(チョコ)エリアと横展開ならぬ縦展開を積極展開しております!

タネマキのSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ