マンガ喫茶の側面もあります。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

IMG_1841 (1)

タネマキでは、みんないろんなことをしています。
主に真剣に向き合うことをやってるみたいですけど。

そうするとね、やっぱ煮詰まっちゃうことってあるんですよね。

頭から煙がでてるようなカンジね。

俺、絵は書けないからアレですけど。

そんなとき、たくさんのマンガが救ってくれます。

お手製の壁収納二列はマンガでびっしり。

残りの本棚は一列が技術書、あとはその他といった感じです。

時々、カルカ杉本さんが本棚の整理をしてるようです。(ちなみに、杉本さんはボードゲームの置くところを増やしたいご様子)

さすがに、マンガ喫茶を売りにしているカフェにはかないませんが、気分転換をするには充分です。

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ