マイナーチェンジ。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

じわじわと変わるものって、たくさんありますな。

 

消費税8%になって10ヶ月。

 

中村商店もちょっとずつ変わっております。

IMG_2835

これが近況でございます。

ちょっとポップが増えたようですな。

お菓子の種類やティーパックの種類にも変化があったようです。

 

実は、地味な増税の影響だったりするのです。

例えば、週に一回お菓子の特売日に98円で売ってたお菓子が年末くらいから特売にならなくなったり、内容量が1本少なくなったり。

増税の影響は1年かけて末端までたどり着いたのです。

 

そうすると商店は従来のやり方を変え、新たな模索を始めるわけです。

新商品を投入するとか、価格改定を行なうとか。

 

中村商店は新商品の投入を選択しました。

定番商品は残しますが、採算ギリギリになってしまったものについては順次入れ替えを行なっています。

 

売り場もゾーン分けが多くなりました。

10円、15円、50円のプライスがより多くなり、値札が貼ってあるもののエリアはかなり縮小になりました。

 

そんな中、久々のヒットを飛ばしている商品もあります。

 

「どら焼き」です。

置いておくとあっという間に売れてしまいます。

確かに今まで和菓子を置いていませんでしたから、掘り起こせなかったニーズなのかもしれません。

 

こんな小さな店舗ですが「中村商店」へのご来店お待ちしております。

 

 

タネマキのSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ