ちょっとした幸せ。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

とあるメンバーさんの登場により、ほんの少しの変化がもたらさせました。

お手洗いのトイレットペーパーが、その方がいる時は「三角折り」されているのです。

雑談をしていると、おもてなしのプロ系のお仕事をされているそうで。

なんとなく、もてなされた感覚になり、ちょっとラッキーな気がするので、マネをしてみました。

もう3ヶ月ほどになりましたかねぇ。

「三角折りのプロ」がいなく、「俺ではない誰か」が三角折りを始めているようです。

まさかの3人目、現る(笑)

ちなみにモグ美に聞いてみたところ、「モグラ従業員専用のトイレがあるから、人間側のことはしらない」とバッサリ。

サバサバ系女子なんだな…

 

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ