台風、波動拳とかでなんとかできないかなぁ。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

今年の台風は本当に独特な経路を進みますね。

関東付近に上陸するのが今年のトレンドなんでしょう。

不要不急の外出はしないで、家でDVDとかを見てるのが正解なんだと思います。

タネマキは荒天時の営業終了時間はある程度の融通を利かせてくれます。

また、忘れ物で引き取り手のない傘ですが、提供できるものと思われます。

ほら、杓子定規に「閉店時間ですから」って言って荒ぶる天候の中、お客さんを放り出すお店ってじゃないですか。

多くの場合、天候が荒ぶっている時は中村商店が常に雨雲レーダーを気にしています。

仕事柄、天候が気になるのですよ。

それで、「今は出てもずぶ濡れになるよ」とか「今が雨雲の切れ目っぽい!」とかきっと言ってますから、それを参考にして駅まで急ぐのがいいのかもしれません。

ちゃんと言っておきますが、中村商店は気象予報士でもなんでもありません。雨雲レーダーマニアの戯言が聞こえる的に考えていただければ。

あと、もう1つ。

台風だろうが、台風じゃなかろうが、タネマキは月曜日はお休みです。

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ