こりゃあかんわーw

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

13939343_1035522926531636_163608808682705837_n

何の変哲もない自動販売機。
しかし、左下にご注目
何らかの配管が顔を出してる!
つまりですよ。
この自販機、補充や料金回収のために開ける事ができない!
いや、少しは開くのだけど補充まではできないっ!
こういうことね、担当者同士の意思の疎通ができてないとなるんだよねー。
昔、工場増設してたころ、気を抜いた担当者がこれより酷いことしてたなーなんて思い出しました。
イメージでは、自販機の真ん中に配管通しちゃった!みたいな。
自販機入らなくなっちゃった!どうしよう、明日搬入されるのに!とか言われたなー。
でも、明日は(失敗した担当者)休みなんで、あとよろしく。みたいな。
懐かしい。当時は何でもトラブル担当だったから、強引に配管ぶった切って請求回して終えたっけ。
あんまり今とやること変わってないな…
今回の現場担当が修羅場に突入するのが目に見えます…

タネマキのSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ