人が多く関わるとこうなるようです。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

時は2013年までさかのぼりますが。

「ぬきぬきもぐもぐ」というモグ雄が主人公のゲームがリリースされておりまして。

http://nuki-mogu.com/

モグラを引っこ抜くという「もぐらたたきの逆を行く」斬新なゲームだったのです。

結構人気だったんですよ?もちろん今でも遊べますので、ぜひ。

 

このアプリ、タネマキユーザーのnekomimimiさんがアプリを作成し、今やコワーキングプリンセスとして日本中のコワーキングスペースオーナーなら誰でも知っているであろう陽子ちゃんがイラストを書いたタネマキ推奨アプリの代表格です。

 

もちろんモグ雄が主人公です。

 

さて。

みなさんは気づいたでしょうか

今回の記事で、「モグ雄には様々な表記がされていた」ことを。

最初の写真のモグ雄は「モグお」となっていました。

次の写真には「もぐお」となっていました。

そして、この記事を執筆している私(中村商店)は「モグ雄」といっております。

正式な表記はどれだ

答えはモグチャットの中にありました。

自分でモグ雄と名乗っているので間違いないだろう

たった3文字、されど3文字。いろいろな表現の仕方があるんですね。

P.S. 決して表記ゆれとかじゃない

 

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ