熟成するインスタント味噌汁。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

タネマキではお茶やコーヒーの他にスープ類の取り扱いがありまして。味噌汁もなかなかの人気コンテンツ。

とあるユーザーさんが、ウエツさんに「ここのコーナーにある味噌汁って味噌が熟成してますよね」って言ってて「??」となっていました。

 

実はタネマキには2箇所味噌汁が置いてあるんです。

 

それで、その中の1箇所はなぜかユーザー心理として使用が伸び悩んでいるみたいなのです。

すると、どうしても味噌汁が滞留している時間が長くなり、熟成するのではないかと。

実際にいれてました。

入れてみたら「お前、同じ商品なのかよ!」という色の違いが出ました。

これ、2ヶ月くらい熟成させた(しちゃった)だけなんですけどね。

もちろん、賞味期限は大丈夫ですよ。

 

味は、若干何か違う・・・気がしますが、劇的に驚く現象は起きていませんでした。

以上、現場からの中継でした。

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ