ウサギ小屋感あるけど満足度高め!日本一のアパホテル 横浜ベイタワーに行ってきたよ!

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキ運営者
横浜駅のコワーキングスペース タネマキを運営してます。iPhoneアプリとかWebサイトも作ったりしてます。(最近触れてないけど…。)コーヒー部、ジャグリング部。いつの間にかに2児の父で毎日てんやわんや。

日本一のアパホテル 横浜ベイタワーに行ってきたよ!

先日、馬車道・みなとみらいにオープンしたばかりの アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉に、家族4人(大人2・幼児2)で泊まりに行ってきました!

部屋は、ウサギ小屋に来たかな?と思ってしまうくらいには狭く感じましたが、それを差し引いても良い時間を過ごせました。

何より料金の安さ。

総額6550円!子供は、小学生以下なら、1ベッドにつき1名宿泊可能なので、大人2名分の料金でした。ただし、平日で最低ランクの部屋だから安いってのもあります。

そうはいっても近隣のホテル相場からしたら、安いと思います!

なお、アパホテルの公式サイトか公式アプリで予約するのが最安値みたいです。

別アングルからのアパホテル

ビジネスホテルなのに、ド派手・プールあり・露天風呂あり・立地良し

ビジネスホテルなのに、ド派手・プールあり・露天風呂あり・立地良し

ジャンルとしては、シティホテルではなく、ビジネスホテル。なのに、豪華!

まず、地上35階建なので、その時点でおぉぉってなる。

そして、エントランスは、キラキラしてて、またテンション上がる。

中に入るともっとギラギラしたフロントロビーが待ち受けててテンションだいぶ上がる!!

ついでに、先にテンション上がる要素を書き出しておきます。

  • プールがある(小さいので期待値あげすぎないように。)
  • 露天風呂ある(ただし、空は見えない。ただ寒いだけ。)
  • 立地最高(ただし、少し歩く。)
  • 至れり尽くせりなアメニティや室内設備、コンビニもあり。

書き出すと思いのほか要素ないやw
でも、なんかワイワイ楽しかったし、テンション上がりましたよ!

プールがある

プールは、水着を持ってくれば誰でも入れるみたい。夏季営業のみ。なかなかないよね、ビジネスホテルにプールは。

そういえば、フィットネスジムもあったけど、期待してはいけない。

露天風呂ある

少ししょぼいスーパー銭湯って感じでしょうか。ぼくは嫌いじゃありません。いろいろ入れて楽しい!

人工温泉もあるし。おおむね40℃くらいの湯加減。37℃くらいの湯船もあると嬉しい。

サウナがないのと、水風呂ないのは、ちょっとあれかな。

あと、露天風呂もあるんですが、外の景色はまったく見えない!!もったいない。外な空気が吸える程度です。

立地最高

立地最高

自分の一番はこれかなぁ。ワールドポーターズのすぐ近くです。

歩いて赤レンガ倉庫や MARINE & WALK YOKOHAMA(6分)、ランドマークタワー、横浜美術館(13分)、野毛エリア(15分、ちょっと遠いか…)、大さん橋(15分)あたりにいけます。

お昼ならカップヌードルミュージアムなんかおすすめ!百福さん!!中華街にもアクセス良いですね。

あと、あのへんの夜景はキレイです!

観光拠点におすすめ。

至れり尽くせりなアメニティや室内設備

至れり尽くせりなアメニティや室内設備

生きていく上での設備はだいたいあります。バスタオルがフワフワなのは嬉しい!

室内に、シャワーもあります。個人的には、ウォシュレットなトイレ(いまは当たり前か…)も完備なのはお尻に嬉しいですね。

事前にレンタルできるものとかチェックしとくと、お得かもです。

「稼ぐホテル」と「魅せるホテル」

「稼ぐホテル」と「魅せるホテル」

アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉は、名前の通り、リゾートを意識したホテルだそうです。

下記記事によると、

タワーホテルはブランドアップには貢献するが、利益率はむしろ小さなホテルの方が高い。

と、ブランド力向上のために建てられてようです。ほほー。

たしかに価格の割に、豪華な設備です。納得。なお、記事おもしろいので、ぜひ読んでみてください。タネマキでもいろいろ活かせそう。

日本一の客室数、地上35階建、地下2階、総客室数2,311室

それでですね、このホテル、なにが日本一かと言うと、客室数!

単体の建物では、最大級の客室数だそうです。人が多ければ、その分、共用で使える施設も増やせますしね。話題作りにもなるし。

ただし、複合施設も合わせると、品川プリンスホテルが3679室で日本一。そして、世界に目を向けると、ラスベガスのホテル、MGMグランド6852室だそう…。ほぼ7000室!村か!

世界は広いですね。今後、中東とか中国とかインドとか、もっと大きな施設できるんでしょうね、しらんけど。

狭い客室、低い天井、ウサギ小屋かな?

狭い客室、低い天井、ウサギ小屋かな?
さて、ジェットコースターで登りきったテンション、あとは下るだけ!いざ客室へ!!

想像以上に狭いよ!まじで狭い!!上記の記事でも明言してましたが、広さは重視してないそうです。うんうん。

にしてもウサギになった気分だ笑
いや、そいやぼく、小学生の頃は飼育員やってましたが、ウサギ小屋の方が広かった!

家族4人(大人2・幼児2)だったのもあるけど、天井が低いからか、圧迫感を感じますね。高層階はもう少し良いのかもしれませんが。かなり息苦しい。

公式サイトの写真見ると、なんだか余裕があるように感じますけども…、広角写真で盛ってない?

火事とかちょっと心配

やたら廊下が長い
それから、やたら廊下が長い…。火事になったらと思うと、人間でごった返すでしょうし、平気なのかな。随所に防火扉はあったけど。ちょっと不安。

いちおー、煙を吸わないような、なにかが設置されていましたが。

思ったより快適な室内!

思ったより快適な室内!

さてさて、狭さに反して、居心地は思いのほか悪くない。てか、きっとそんなに部屋に長居しないでしょうし、必要十分なのかな。

狭いがゆえに、あまり移動しなくて良いですし笑

50型の大型液晶テレビで、ミラーリングできたりもするので、ダラダラ過ごしても良いかもです。狭いですが。

ネットはそんなに速くないですが、部屋それぞれのWi-Fi(SSID)がありました。(セキュリティとか調べるの忘れましたが、さすがにSSIDごとに分けてるのでは。)

あと、部屋によっては、景色が良いらしい。われわれは、お任せプランだったのもあり、しっかりとハズレのシティサイドの部屋でした笑

運が良いか、お金を積めば、ベイブリッジやランドマークタワー方面を見ることが出来るみたいです。我々は、関内・桜木町方面の30ドルの夜景を堪能。

こだわりの睡眠環境


室内で気に入ったのは、寝具。

正直、自分にはあまり合わなかったのですが、ベッドや枕、掛け布団に力を入れているのは伝わってきましたよ!

ちなみに、別の枕貸し出しもやっているみたいです。あとで知った…。

てか、子供と一緒に寝たので、ガンガン蹴られて、安定の睡眠不足…。せっかくの睡眠環境を満喫できずw

んでで、ベッドは、クラウドフィットといって、シーリーをベースにしたオリジナルのベッドらしいです。枕もオリジナル。好みはあるでしょうが、悪くはないかと。

だいたい静か。ただ、爆音にはたえきれず。

室内はすごく静か。ペアガラス使ってたり(当たり前かw)、たぶん壁も思ったより厚め。

ただ、どこからともなく、朝方にイビキが聞こえてきました。まぁ気になる人には気になるかなぁ程度です。

周囲の爆音しだいですね。運。

幼児には過ごし辛い?

今回は、幼児2名も一緒だったのですが、んー3歳位の子には、少し過ごし辛いなと。

収納スペースともなっているベッド下があるせいで、ベッドが高い。落ちると痛そう。

あと、テーブルの高さが、頭にぶつかるジャストサイズ。いや、仕方ないんですけど。まぁいろいろ気を遣います。

でもそれくらいかな。思い出したら追記します。

無人チェックイン、チェックアウト


随所で効率化が図られているらしいアパホテル。

ここの目玉は、たぶん無人でできるチェックインとチェックアウト!ぜんぶ機械だけでできます。

あと、コンビニも無人レジありました。スタッフを減らして、人件費を削減していますね。そういえば、ロビー以外で、ほとんどスタッフさんに会っていませんね…。

あ、11時までのチェックアウトなのは、ありがたい。

宿泊予約やキャンセルは、すべてアプリで完結

これも効率化がうまくいっている事例でしょうか。

予約も、キャンセルも、アプリで完結!電話で予約とかすると、むしろ高くなるらしい。

子供連れも平気か聞こうとしたら、電話予約は高くなるよ!って案内音声で言われました。

公式サイトに誘導したり、アプリを入れてもらうことで、リピート率も上がっているよう。良い循環!

カフェのコーヒーはもっと美味しいのが飲みたい!

カフェのコーヒーはもっと美味しいのが飲みたい!
オシャレなカフェが入っていたので、朝に飲みましたが、黒苦汁でした。ざんねん。

あと、パンが異常に高かったんですが…。いきなりリゾート感出してきたよ!?

まぁ少し歩けば、カフェとかあるので、そちらを利用するのが良いかと。

他の飲食店は、分かりません。また今度。

クラフトビール醸造所レストラン

クラフトビール醸造所
後日、また通る機会がありまして、看板みると、クラフトビールを作っているらしい!

最近は、街中でもビール作るところが増えているんですね。

旧万国橋ビル

旧万国橋ビル

暗いと全然気が付きませんでしたが、旧万国橋ビルを模して作ったそうです。

あの辺は、歴史的建造物が多いので、こういった事例も増えてくるのかもしれませんね。

旧万国橋ビル

2020年以降も、売上は確保できるのか

はてさて、ひとつ気になるのは、オリンピック後にも、この施設を利用する人がどれくらいいるのか。

横浜市のカジノ計画もあるので、その辺を見込んでもいるのかな。そもそも、あのホテルは外国人向けではないのかな。外国人向けだとしたら、部屋が狭すぎる気もしますし、国内需要なのかな、など。

馬車道周辺のコワーキングスペース

急な仕事が入った!!という方にも安心です。歩いて数分のところにもコワーキングスペースあります!

あと、近くのジョナサンに、一人席ありました。一人席については、以前書いた記事をご参照くださいませ。

ガストの1人席がある横浜・関内ガストへ行ってみた!コンセントとWi-Fiも利用可能。

ジョナサンに、一人席

そんなこんなで、桜木町・馬車道・みなとみらい・関内周辺にお泊りの際は、検討してみてください!!

アパホテル 横浜ベイタワーの詳細情報

住所:〒231-0002
神奈川県横浜市中区海岸通5丁目25番3
TEL:0570-055-111
チェックIN/OUT:14:00 / 11:00
駐車場:219台(平置き148台、機械式68台、バス3台)
アクセス

  • みなとみらい線「馬車道駅」4番(万国橋口)徒歩3分
  • JR・市営地下鉄ブルーライン「桜木町駅」東口(JR)北1番出口(地下鉄)徒歩9分
  • JR・市営地下鉄ブルーライン「関内駅」北口(JR)9番出口(地下鉄)徒歩10分

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ