相鉄新型車両20000系 ヨコハマネイビーブルーがやってきた!乗ってみた!

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキ運営者
横浜駅のコワーキングスペース タネマキ を運営してます。iPhoneアプリとかWebサイトも作ったりしてます。(最近触れてないけど…。)コーヒー部、ジャグリング部。いつの間にかに2児の父で毎日てんやわんや。

相鉄新型車両20000系 ヨコハマネイビーブルー

2018年2月に運行開始した新型車両!ついに、相鉄新型車両20000系に乗ることができましたことをご報告させていただきます!まだ1車両しか走ってない貴重なあいつ!何日経っても乗れなくて、悔しい思いをして過ごした日々。さよなら。

(ただ、人の多い時間帯で、あまり念入りに見ることが出来ず。残念。)

30年くらい相鉄線に乗っていましたが、今まで電車とかまったく興味なく、目的地に運んでくれれば良いよー、くらいに思っていました。が、相鉄のヨコハマネイビーブルーシリーズが出てからと言うもの、ブルーの奴らが来るとテンションが上がる体質に。

ブルーじゃない時の落胆。つらい。(そもそも他の車輌がダサいだけ…?そういえば、すげぇ昔に走ってたレトロなバージョンとか好きだったの思い出しました。)

YOKOHAMA NAVYBLUE

YOKOHAMA NAVYBLUEは、相鉄の、都心進出に向けてのブランド戦略。20000系の少し前から走り始めたネイビーブルーもカッコよく、車体の色もさることながら、車内も素敵。それが、さらに!パワーアップしてやってきました。

噂には聞いておりましたが、カッコよさだけでなく、随所に見られる気遣いを詰め込んだ仕様。気になるところをピックアップしてみました。もぐ。

なお、「新型車両20000系の運行時刻について」というページで、運行時刻が分かるようなので、運試しで乗りたくない方は、ぜひ事前に調べてから乗ると良い!

こちらは、相鉄新車両の20000系の特設サイト
相鉄新車両の特設サイト

ただのネイビーブルーじゃない

前シリーズからですが、ただの濃紺ではなく、謎に輝いてる!雲母(うんも)を配合していることで、謎にキラキラしています。

ただ、最近は、前シリーズの車輌をみると、なんだか埃っぽくて、キラキラ感を活かしきれていない(笑)雨が降らないと駄目なのかな…。

顔がかっこいい

20000系は、何よりイケメン!なんとも美しい曲線と、ライトのバランス。なんだかよく分からないけど、かっこいい…。電車界のスポーツカー的なカッコよさ。

車内が電球色

夜になると、車内の電気が、電球色になります。オレンジっぽい色。珍しいですね。溢れ出るゴージャス感。

荷物棚が低い

さて、ここから、機能面。20000系の紹介ページには書いてないみたいなんですが、荷物を乗せる棚が低くなっている!!電話して確認しました。荷物を乗せるのが少し楽になったんじゃないかと思います。その反面、棚に頭打つ人が出るかもしれませんが…。

それと、確認できていませんが、優先席では、荷物を下に収納できるらしい。座面も、立ちやすいように、高めらしいです。素晴らしい。「ユニバーサルデザインシート」って言うらしいです。

自在に開閉できる、個別ドアスイッチ

相鉄新車両の開閉ボタン

これ、前から不思議だったんですが、どうしてあまり実用化されてないんでしょうか。寒い地方とかいくと、自分でボタン押して開けたりしますが、都心でもやって欲しいなぁと常々思っておりました。寒くはないけど、JR相模線(相鉄線ではない。)は、ドアスイッチあって羨ましい。

真冬とか真夏、外の空気が入ってこないのが快適。まぁやはり人が多いと実現できないのかなぁとかコストかかるのかなぁとか運用が大変なのかなぁとかいろいろ思っておりましたが、なんと20000系では実現されている!実験的なのかもしれませんが、うまくいくと良いなぁと個人的にかなり応援している機能。

外からは、開けるだけ。中からは開閉できるボタンがついていました。

全車両にある、車椅子、ベビーカーエリア

これも、自分が子育てするようになってから実感していて、電車でベビーカーつらい。ベビーカーエリアあるけど、先客いることもありますし、数も少ない…。全車両とかめっちゃ助かります。その代わり、座れる人が減ってしまう。どんな選択をするかは、企業の自由ですが、自分は相鉄に共感しちゃう。もぐ。

車内 Wi-Fi

au または、Wi-Fiスクエアとの契約が別途必要になりますが、車内でWi-Fiが使える。便利。

鏡が復活!

特設サイト見て気が付きましたが、車内に鏡を設置している鉄道会社ってのが、そう多くないようです。知らんかった…。

相鉄線車両の象徴とされる鏡の復活も特徴のひとつ。「横浜に出かける際、身だしなみを整えてほしいとの思いで、かつて全車両に取り付けられていたと聞いています。今回は都心直通用の新型車両ということで、相鉄線のアイデンティティだった鏡を復活させようということになりました」と関根氏は言う。

「相鉄20000系、東急線直通の新型車両なぜ先に製造? 車内に工夫も | マイナビニュース」
https://news.mynavi.jp/article/20180121-574254/

アイデンティティだったんか(笑)たしかに独自性あって良いです。

他にもいろいろありますが、あとは、特設サイトをご覧いただければ!相鉄民以外の方は、ぜひ乗りに来ると良いよ!

相鉄20000系 特設サイト
相鉄新車両の特設サイト

ネイビーブルー関係ないけど、そうにゃんかわいい。すっかり相鉄ファンだな…。

タネマキのSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ タネマキの LINE