macOS Catalina の初期化に戸惑っているあなたへ。「Macintosh HD – data」ってなんだ…

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキ運営者
横浜駅のコワーキングスペース タネマキ を運営してます。iPhoneアプリとかWebサイトも作ったりしてます。(最近触れてないけど…。)コーヒー部、ジャグリング部。いつの間にかに2児の父で毎日てんやわんや。

こんにちは!みなさんも Apple の Mac を初期化することがたびたびあるかと思うのですが、最新の macOS Catalina から、初期化時の UI が少々変わり、戸惑いを隠しきれないのではないでしょうか?

「なんで disk がたくさんあるんだよ!どれを初期化していいんだ!ひぃ」

てな声が聞こえてきそう。僕はそうなりました。てか僕の声です。

なんだよ「Macintosh HD – data」って。消しちゃいけないディスクを消したら一大事ですよ…。

そこで、タネマキにきてるアライさんが教えてくれたコツが分かりやすかったのでシェア。

ちなみに、Macintosh HD – data は、システムボリュームから隔離することで、誤ってシステムを破壊しないようにしているようです。なるほど。

macOS Catalina では、ファイルやデータを読み取り専用のシステムボリュームに保存したり、コマンドライン (ターミナルなど) から「ルート」ディレクトリ ( / ) 書き込んだりすることはできなくなりました。
macOS Catalina の読み取り専用のシステムボリュームについて – Apple サポート

それで、初期化に用いる Disk Utility ですが、ディスクユーティリティー上で「Command + 2」を押すことで、見た目が変わります。なんと。

すると、 いままで、「Macintosh HD」と「Macintosh HD – data」の2つだったものが、階層構造になり、その上のコンテナが見えるようになります。便利!

ってことで、ここを消去すると、初期化完了。おめでとうございます。

なお、公式ページに、初期化の手順あるので、そっちでも良いです。当たり前ですが。ただ、自分はアライ式の方が分かりやすいので、アライ式を使っています。

ではでは。

タグ :

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ