タネマキは NoT の最前線

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
ただの客。ボードゲームを大量にタネマキに置いていますが、ただの客。不定期でボードゲーム会や人狼会を開催してます。好きなボードゲームはカルカソンヌ。C#が好きです。あとは、ドラクエ10や俳句をやって日々を過ごしています(節操がない)

おひさしぶりです、タネマキメンバーのカルカすぎもとです。お元気ですか。というか、誰やお前という方も居るかも知れませんね。ここもすっかり中村商店ばかり発信するブログになってしまっていますが、ぼくも投稿権限持ってるんですよね。最近、中村商店もネタ切れと云うことなのでたまにはぼくも書いてみようかなと思って筆を執りました。

今日はタネマキで流行している NoT についてみなさんにお伝えできたら良いなと思っています。少し前から、 IoT(Internet of Things) が話題になっています。タネマキにも arduino からはじまり各種ラズパイ、さらには基盤だけじゃなくて、各種センサーやスイッチまでが揃っていて、遊ぼうと思えばけっこうなことができそうな環境があります(なんでこんなにあるかって? そりゃ、メンバーの皆さんがやりかけて飽き……いや、ごほんごほん)まあ、そのへんは今回のお話しとは関係ないのでよしておきましょう。

で、時代は NoT です。

さっき、プリセンス姫野(この呼び名って頭痛が痛いみたいになってて毎回違和感があるんですけど全部英語にしてプリンセスフィールドだとセンテンススプリングみたいになっちゃってもっと違和感)さんが、今日ジャケットを着るべきかどうか迷ってまして、気温によって着るべきかどうか知らせて欲しいみたいなことを言ってました。

それ NoT で解決できますよ。

今日は雪降るのかな? 台風はどうだろう? ゲリラ豪雨来ますか? なんて単純な天気の話題から、今日は花粉飛んでるのかなぁ、このへやなんか乾燥してない? から始まって、これっていくらくらいで買えるんですか? この部品、大量に入手したいんだけど、とか、これとこれを接着するには? とか、これ安くする方法あるんかな、とか、冷蔵庫壊れたんですけど! とか、たいしたことが無いけど知ることが出来るとちょとうれしいみたいなやつを解決できるのが NoT なんですよね。

NoT って文字列も良いじゃないですか。ノットといえば否定の論理演算ですから、なんかカッコイイですよね。

あれ、肝心なことを説明し忘れてましたっけ、NoT ってのはこういう装置のことです。この白地に赤のストライプが入ってる装置です。

shoten

カメラはオプション装備品です。

タネマキにお越しの際はぜひ中村商店 of モノを利用下さい。

タグ :

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ

モグチャット

何か知りたいことがあったら、入力してみてもぐー!モグ雄が答えてみるもぐー