これをサンドウィッチと言って聞かないんですよ。

今回の記事は、こんな人が書いてるもぐー!
タネマキのお客さん
横浜のなんでも屋さん。不動産管理からWEB企業広告、ものづくりやイベント運営と業務は多岐に渡る。そのため、自分のことを紹介しづらいのが難点。 中村商店と皆様から親しみを込めて呼んでもらっているが、自分の会社名でも屋号でもない単なるあだ名。

お久しぶりのタネマキランチの記事でございます。

今回は、「土日の昼休み」「女子がいる」「少人数」という条件が揃うと高確率でいくSTYLEというカフェ。

img_3628

こちらの逸品は【数量限定】ローストビーフのサンドウィッチという商品。

いつもは、サーモンとタマゴが挟まっているのですが、今日はテスト販売だったのでしょうか。

いつもながら、ウマウマでした。

ただ、どうしても思ってしまうのよね。

サンドウィッチと呼べる具の量なのだろうか?

img_3629

もはや、パンは自分達が具材を挟んでいると思ってはいないのではないだろうか。

ただ、侮るなかれ。

ここ、パンもうまいんです。

だから俺の食べ方は、こう。

1、下敷きになってしまっているパンを救出する

2、完全に「パン2枚と贅沢なサラダ」として分離する。

3、食す。

どうしても、全部を挟み込んでかぶりつきたいとか思っちゃうでしょ。

ダメダメ、そんなの素人

STYLEのボリュームを侮ってるよね。

半分くらいお皿に具材を残してサラダとして食べてる人もいたなぁ。

それも一つの良い案だけど、堪能してないなぁって思ってしまうよね。

俺の回答は、パンも具材も両方楽しめるからね。

お試しあれ。

 

 

Cafe+Diner Style スタイル

https://www.hotpepper.jp/strJ000016892/

ページをシェアする

関連するSNS

モグ雄の Twitter タネマキの Facebook ページ